香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

【2017年春版】香港スーパーで買って帰りたいのはこのバター!

香港に行ったら必ずといっていいほどバターを買いますaya♪♪

 

といってもそのほとんどはフランス産。関税のない香港では、海外のおいしいバターが日本とくらべてずっとお得に買えるのですぐぅ~。

 

という記事をずいぶん前(2015年)に書いたら、たくさんの方にその時の記事を読んでいただいているようなので、今回は香港で買うバターの最新情報をレポします。

というのもバターの品揃えはその時々の入荷によってかなり違う!んです。

 

買う時のコツや持ち帰り方などは前回の記事をご参考においしいハートハート

 

 

いつも買うのは中環IFC内の「シティスーパー」尖沙咀の支店でも、それ以外の輸入高級スーパーでもバターは買えるけど、品揃えはここがダントツじゃないかな。

 

 

エアポートエクスプレスで香港駅に着いて、その足で気になるバターをチェックに向かいましたおいしい♪♪

 

 

まずはやっぱり「エシレ」。

日本でもこのブランド力はハンパない!

 

色々なバリエーションがありますが、香港ではこの樽(?)入りをよく見ます。

トラベラーにとってもこの樽入りが好都合。というのも香港は暑い季節が長いので、持って帰る時、溶けかかってやわらかくなってしまうこともしばしば。

 

この木のケースが暑さでぐんにゃりとなったバターの型くずれを防いで好都合なんです。

 

お値段は72HK$。

日本だと2000円ちょっとするので半額くらいで買えることになります。わーい。

前も書いたけど、無塩と有塩があるのでご注意を。

塩入りは「DEMI-SEL」、塩なしは「DOUX」と書いてありますので必ず確認してくださいねこれテストに出ます!

とにかくこれ間違えるとかなり残念なことになりますからね……。

 

 

そしてIFCシティスーパーの主力ブランド「Le Gall」。

 

無塩、有塩はもちろん、ビオとか、クリュ(生産地限定版?)とかバリエーションがとにかく豊富。私はゲランドの塩入りが好き。

46HK$と、エシレより割安。

 

そして今回新しく買ってみたのがこの「beillevaire」

 

フランスではエシレ以上に支持されているブランドのようです。

 

125gと、エシレの半量で価格もほぼ半分くらい。

これはおみやげにしてみたんですが、ものすごくウケがよかった!ハムハム白目!!

エシレよりおいしいからまた買って来て〜ハートハートって言われちゃったので、次は私も買ってみないわけにはいかないな。

 

ただこちら、紙包みなのでやわらかくならないように持って帰らないと、スーツケースの中でぐにゃぐにゃになります。前も書いたけど、試行錯誤の結果、持って帰る時は保冷剤がわりの冷凍食品とともにクーラーバッグに入れて帰るのがファイナルアンサーぐぅ~。ぐぅ~。ぐぅ~。 もちろん冷凍食品も肉系は持ち帰り禁止なのでNGっす。

 

 

そして今回買わなかったけど、目下すんごい気になりまくっているのが「beillevaire」の海藻入り、レモン入り。海藻入りバターって、日本のお高い系フレンチでもパンに添えてサーブされたりしますね。

 

今書いてたらものすごく食べたくなってきた。買えばよかった〜ショック汗汗汗(←いつも帰ってからこういう後悔をするヤツ)。うちの冷凍庫にまだバター在庫いっぱいあるので自粛しちゃったんだよね…。

しかもエシレ同様、木のケースに入っているので、持ち帰りも楽ちんなのではないかと!

 

香港の輸入バター最新事情、2017年春時点ではこんなかんじです。

パンにつけたり、料理に使ったり。お菓子作る人にはなおさらおすすめ。

 

よいバターがあると毎日の食卓が3割増しで(当社比)楽しくなりますsao☆ハートハート

 

 

読者登録してね

↓お役に立ったらワンクリックお願いいたします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村