香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

マレーシアホテル宿泊記「シャングリ・ラ ラササヤン リゾート&スパ ペナン」その2

マレーシアはペナン島のリゾートホテルシャングリ・ラ ラササヤン リゾート&スパ ペナン」の宿泊記、2回目ですランランランdash*

 

 

 

 

とにかく今回の旅は出オチというか、出だしからコケているので(ここまでのあらすじはフォルダ「2017ペナン&香港旅行記」をご覧くださいませ)、すでにチェックインした時から疲れきっています。

 

本来は2泊する予定が、1泊になっちゃったし。

このために出発前は仕事がんばっていたのになー。

 

そんなボヤキは後にして、ホテル敷地内を探検します。

というかビーチとプールを見に行く。

(お部屋については前回を見てくださいね)

 

 

 

今回の宿「シャングリ・ラ ラササヤン リゾート&スパ ペナン」はラサウィングとガーデンウィングに分かれています。

 

私たちが泊まったのはラサウィング。ラサは朝食も夕暮れのカクテルタイムもついているので、他のホテルでいうクラブルーム的なかんじです。周りに店がいろいろあるわけじゃないリゾート地ではこのスタイルは楽チンです。

 

 

まずはビーチに行く。

 

部屋のバルコニーからも見えたビーチ。たぶんこのホテルの専用ビーチなんだと思いますが、意外に波があるかんじで、泳いでいる人はいませんでした。

 

こんなにリゾートをのんびり散歩したのは初めて。

考えてみれば今まで仕事でリゾートホテルには宿泊してるわけですが、昼間は取材で留守にしているので、一日中ホテルで過ごすってことはなかったんですよね。

 

いやーーープライベートで来るリゾートっていいね!!!

 

 

 

超リアルでこわいクラゲの看板。クラゲってこんな生き物だっけ?

足で釣り上げられて、宇宙に連れて行かれそうですけど。


 

大人はビーチでは泳がない。ビーチは見るもの。それを学んだ旅です。


 

パラセーリングとか、マリンスポーツも楽しめますよ。サジマ(マッサージ)も。

 

 

プール。

こちらはガーデンウィング。浅瀬もあって、家族連れが多いかな。隣の姉妹リゾート「ゴールデンサンズ」のほうがよりファミリー向けらしいです。

 

 

こちらがラサウィングのプール。

 

こぢんまりしてますが、大人っちゃ大人。ウエスタンの高齢夫婦が多い。

クロールとかする人はいませんので、落ち着いてます(銭湯やプールでクロールしないと気が済まない私…)

 

 

さて、お楽しみのカクテルタイムシャンパンkirakira*

カクテルのフリーフローとスナックが、ラサウィングの特典です。

 

テラスを見渡す明るいロビーラウンジで。

 

おしゃれな日本人の若いファミリーもいました。こういう時リゾートで何に着るかとか最近は「VERY」に必ず特集されるよね。最近の日本人の若マダムはリゾートスタイルもこなれているのうと、美しい若妻を見て思いました。

 

 

 

スパークリングで乾杯おいしいハートハート

 

このスパークリングは「シャンドン」でした。シャンパーニュではないけれど、フリーフローとしてはうれしいチョイス。


 

しかし、私はこの時、疲れすぎていた…。

 

ここでカミングアウトすると(?)、私気圧の変化に弱くて長時間飛行機に乗れない体質なので(飛行機修行してる人とか本当に尊敬します)、トランジットの予定が狂ったのは実に痛い事態。

 

ちょっとこの乾杯の時点で魂が体から1mくらい離れていたよね……ポカーンポカーン

 

 

 

 

そんな私にもどこまでも温かいシャングリラのスタッフ。

そうだこれがホスピタリティだ!!!

 

 

 

スナックは自分で取りに行くスタイルです。

揚げ物とか、揚げ物とか、揚げ物とか……あと揚げ物とか???

 

 

 

あ、焼き物もある。

 

 

 

フルーツも用意されています。

 

ああ……ここまでがんばって乗り継いできてよかったsao☆kirakira*kirakira*

そう思わせてくれる極楽の時間でした。

 

さっきも書きましたが、ここは朝食もついてます。

これがまた至福だったので、それはまた次回に。

 

いやーすばらしいです。ラササヤン。1泊だけど汗汗汗

 

 

 

読者登録してね

 

↓お役に立ったらワンクリックお願いいたします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村