香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

北角(North Point)〜紅磡(Hongham)間を「新渡輪」フェリーで渡る。

 

香港でフェリーというと、尖沙咀(チムサーチョイ)と中環(セントラル)を結ぶスターフェリーがダントツ有名ですよね。

でもそれ以外にも九龍半島香港島を結ぶ(あるいはそれ以外の離島も)を結ぶフェリー路線はいくつかあります。

 

今回は北角(ノースポイント)〜紅磡(ホンハム)間のフェリーに初乗船。

 

というのも最近泊まっている「ケリーホテル香港(Kerry Hotel Hong Kong)」がこの紅磡(ホンハム)のフェリーターミナルの真ん前なんですよね。

で、香港島の北側に行ったら、やっぱりこの路線を使いたい!

 

心の旅マスター、Teppei101さんもいち早く乗ってる!

 

 

これが入口。

MTRの北角駅から5分位だったような。

改札前にはなぜか、コンビニと鮮魚店が並んでいます。

 

 

そして昼間っから麻雀しているおじさんたちも並んでいます。

 

 

 

改札。

狭いのでスーツケース持っての移動とか、できなくないけど厳しい。

 

 

 

 

次の便の案内があります。

すっごい手作り感満載。

 

 

 

30分に1本。

しかし19時半最終と夜は早いので要注意!

 

 

運営は、スターフェリーとは違う会社「新渡輪 FIRST FERRY」。一回マカオに行った時に乗ったけど、途中で雨が降ってきたので船内の売店で、表面が銀でロゴが紫という、ありえない色彩センスのオリジナル傘を買いました。でかくていろいろ便利だったので日本に帰って来てもしばらく使ってました。そういえばどうやって傘持って返ってきたのか覚えてないや。

 

……そんな思い出の船会社です。

 

 

待合室。

たぶん乗船時間10分くらいの短い路線なのに、けっこうタイムテーブルがずれています。この日も10分押しとか。

 

 

 

でも皆さん慣れっこ。

やっとゲートが開くと、ぞろぞろ船へ向かって……

 

 

 

はい、スタンバイOK!

 

乗っている人は地元の人が多いです。

スターフェリーの路線は観光化していて、地元民はMTRやバスでスピーディに移動しているわけですが、こっちはまだ現役で庶民の足というかんじ。

 

 

海をずーーっと見ている子供。

東京だと電車でこういう子よく見るけど、香港の子は船と海を身近に育つ。

 

 

 

あああーーーっと言う間に到着!

 

目の前の横に長い建物がケリーホテル香港(Kerry Hotel Hong Kong)です。隣はあんまり使ってなさそうなバスターミナル。ケリーへのショートカットも長い階段があるので、スーツケースの人は遠回りが必要ですね。たぶん。

 

で、このケリーホテル香港の側面に「Coming Soon」の横断幕が。

 

ホテルのスタッフに「アレは何?」と聞いたら、「ああ、隣のバスターミナルの土地を買ったんですよ。それで新しい施設を作るからかな?」と、さらっとおっしゃる。

 

そんな新しい靴買ったくらいのノリで、土地買ったとかポカーんびっくりびっくりびっくり・・!!!

 

んで、そこに何ができるかは「さあ……」だそう。

ゆるい。

 

 

 

そうそう、フェリーターミナルには昔ながらの茶餐廳もありました。

 

その名は「海景餐廳」。

英語にするとHarbour View Restaurant ? 

名前とのギャップに激萌え。

 

ターミナルの近くで釣りしている人もいました。

 

 

初体験路線だったけど、人少なくて静かだし、荷物少ない時はアリ。

でもそのうちこのへんも、MTRで海を渡れちゃう日が来るのかも??

 

 

読者登録してね

 

↓お役に立ったらワンクリックお願いいたします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村