香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

【日曜限定】ザ・リッツ・カールトン香港118階「OZONE」のバブリーなハッピーアワー。

 

年末からアップした記事をたどると、

フォーシーズンズ香港→ジョリビーと来て今回は……

 

ザ・リッツ・カールトン香港(The Ritz-Carlton Hong Kong)OZONE

 

我ながら落差が大きい。

でもハイ&ローが香港の醍醐味だし、旅行者の特権ともいえます。

 

OZONE」といえば“香港で一番高いバー”として有名。

お値段の話じゃなくて、標高の話です(山か)。

 

何しろ地上118階!!!

この下の展望台「Sky100」はオンラインでもチケットが169HK$(今しらべた)とかなので、こっちで飲んだほうが断然お得だと思う。

 

というのもここ、九龍サイド屈指のバブリー&ラグジュアリーなバー。

 

昔お仕事で泊まった時に来ましたが、深夜でDJがとっちきとっちき賑やかすぎて、30分くらいで私だけ部屋に戻って寝た。

 

そんな思い出のあるバーに再訪した理由は…

 

新趣向の日曜限定ハッピーアワー。

 

行き方はかんたん3ステップ。

 

1.ホテルに着いたら、一個目のエレベーターに乗る。

九龍駅からショッピングモール「Elements」を通って10分くらい。

 

 

ボタンも一個しかないので大丈夫。

103階だったかのロビーフロアまで乗ります。

気圧で耳痛い…六本木ヒルズのエレベーターみたい。

 

 

1分くらいでロビーに到着。

 

2.エレベーターを乗り換える。

 

 

このように、ロビーの片隅にイケイケな看板が出ているので迷いません。

深夜になると、このエレベーター前がリア充な欧米人でいっぱいになります。

 

 

 

 

3.OZONEに到着。

 

なんか説明する必要、なかった気がする。

要はエレベーターを乗り換えるってことです。

 

 

レセプションでまず聞かれるのは席のこと。

 

「外にする? 中にする?」

 

そう、OZONEといえばなんといってもその眺望kirakira*kirakira*

外の席が圧倒的人気なんですよね。

一応外を見せてもらったら……

 

 

このように超混みsao☆sao☆sao☆

速攻で中の席をチョイスさせていただくランランランdash*dash*dash*

 

 

 

ソファ席からの眺め。

 

私の語彙が足りないせいか「バブリー」以外の単語が出てこない。

おかしいな。

意外にも日本人デザイナー、片山正通氏の手によるものだそう。

 

 

で、今回のお目当てはこちら。

 

 

日曜の夕方限定「SUNDAY SPRITZ Session」160HK$。

 

「アペロール」というイタリアのリキュールを使ったカクテルを注文すると、無料でタパスがついてくるというコンセプト。やっぱり展望台より安い。

 

 

まず、カクテル。

 

 

アイスティー感覚ですごい量が来ました。

お味は薬草のような香りのリキュールがベースで、甘いけど飲み飽きしなかった。

 

 

で、タパスの量もすごい。

 

 

タパス……

「多すぎませんか?」って思わずスタッフに聞いてしまいました。

 

思わずwikiで「タパス」の定義を調べてしまった。小皿料理とある。

これ、タパスじゃなくて「おつまみ盛り合わせ」ですよね。

 


そういえばフォーシーズンズホテル香港のBlue Barでも
タパス無料タイムがあったな…。最近の傾向なのかしらん。


実際味はおいしかった。

そして量が多すぎて夕飯はもう入らなかった。


謎の柱。

 

 

 

そしてやっぱりテラスに歩いていって、眺望もチェック。

標高高すぎてよくわからない。


OZONEといえば眺望&デザインとともにイケイケDJが名物(?)ですが、
この時の音楽は夜に比べてかなりおとなしめ。

まだこのイベント自体が新しく、知れ渡ってないこともあってか静かでした。
夜に比べて格段にゆっくりできますダチョウダチョウ

九龍サイドで日曜の夕方ヒマしてたら、来る価値はあるかなとshokoponびっくりびっくり

 

おまけ。



帰りにレセプションのところにある箱に名刺入れていくと、
ドンペリブランチ×2人分ご招待のラッキードローに参戦できますハートハート


名刺持っていかなかったのでやってませんが、
宝くじより確立高そうだし何より夢がある。
行く時は名刺持参でどうぞ〜(メルマガ来るかもだけど)

それにしても「ドンペリ」って略し方、すごいなっていつも思う。

まさか修道士ドン・ペリニヨンも、

21世紀の極東でそんな呼ばれ方するとは夢にも思わなかったはず。

 

そうそう、おリッツ様といえば103階広東料理「天龍軒」も神がかってます。

点心(特にチャーシューの腸粉巻き!)最高ですので、こちらもぜひ。

 

 

The Ritz-Carlton Hong Kongシャンパン

OZONE

International Commerce Centre, 1 Austin Road West

 

「SUNDAY SPRITZ Session」

日曜16:00〜19:00

予約可(私は公式WEBで当日予約しましたー)

 

 

読者登録してね

 

↓お役に立ったらワンクリックお願いいたします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村