香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

香港みやげの新エース登場! 噂のクノール(家樂牌)「麻辣鮮露」を試してみました。

 

香港行くときに、何かと早耳な辛党美女から「買ってきて!」と頼まれたのが…

 

 

クノール「麻辣鮮露」。

 

実は存在自体を知りませんでした。

と思ったら、漫画家の瀧波ユカリさんが絶賛している香港プロダクトなのですね。

 

瀧波ユカリさん。

 

実は大好き過ぎて、ずっとTwitterフォローできなかったので、このことは美女に言われるまで知りませんでした。しかしながら、瀧波先生の名著『臨死!!江古田ちゃん』は全巻ほとんどもう暗記しているほど愛しています。

 

さて、その麻辣鮮露の話ですよ。

 

スーパー恵康(wellcome)で売ってると聞いたので、余裕!と思ったら…

 

 

なぜか行く先々で売り切れ!!!

なんなんだ、なぜなんだ。

 

 

私が行ったのがお正月過ぎだったので、そこまでで日本女子にかなり売れたってことみたいですね。すごい影響力。

 

それにしても今年は日本人トラベラーを多く見かけました。

さんざん書いてるフランス産バターも品薄だった。

自分で書いて自分で買えない的な状況(私の影響は少ないかもだけど)

 

 

{329D1817-D096-4915-A9F3-286C0C1B3FA6}
 

とりあえず3日目、4軒目くらいのスーパーで発見、現場で捕獲!

ケネディタウンのWellcomeです。

それでも6、7本しかなかった。


そして無事帰って渡すことができました。よかった。

 

数日後……

大変ご満悦であるとのメッセージを受信。

 

シンプルな鍋物に入れた模様。いわくやみつきになりそうな旨さで、「持ち歩いてなんにでもかけちゃいそうだから、今回もらったぶんでやめとく!」とのこと。

 

そんなか。

そんなおいしいのか…!!!

 

 

{8523C7C6-FA07-46DF-8D92-21168EDE0E15}

 

というわけで私も便乗してみました。

 

{3EBDD71E-FF6C-41CC-BB6F-9B5EA5C84670}

 

アサリとセリのいためもの。

この量に対し、小さじ一杯投入。
 
たしかに絶妙な辛さと旨みのマーラー感!炎炎炎
私は辛党なので、もう少し入れてもよかった。
 
鍋なら水炊きのつけダレに数滴たらしてもいいし、
餃子は茹で&焼きどっちも確実だろうし、
炒め物ならなんでもいけそうだし、

 
 
この1本でマーラー天国…!ハートハートハート
 
瓶でなくペットボトル的なかんじで軽い&小さいので、香港みやげとしても重宝&喜ばれること間違いなし。

ただし辛党に限る。

炒め物に入れたりするぶんにはそこまで激辛じゃないけど(あくまで当社比)、そのままつけるとだいぶ辛いのでご注意ください。
 
{91747D17-67C7-4661-B260-605AAD15F1D0}

マーラー美女にはウケなさそうだったのであえて献上しなかったけど、同シリーズの「辣鮮露」なるものも買ってみた。これはまだ試していません。

そのうち食べてそのうちアップしたいと思います。

 
 
とりあえず「麻辣鮮露」。マーラー好きは絶対ハマる。
瀧波ユカリ先生、本当にありがとうございます。
そしてありがとう、辛党美女。幸多かれ。
 
私もしばらくハマりそうです。

 

 

読者登録してね

 

↓お役に立ったらワンクリックお願いいたします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村