香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

香港国際空港に街の人気店が続々オープン。

世界のベストエアポートにも選ばれる香港国際空港

そのお楽しみの一つが「食」。そりゃもちろん街中のほうが安くておいしい。でも食の都だもの、着いた瞬間から帰る間際までおいしいものを食べたいんです。そんなワガママ観光客のため、空港には評判のレストランが多く入っているのです。
とはいえ人気の店も決して安泰ではなく、最近は店の入れ替わりも超めまぐるしい。前にあった店が数ヶ月後に行ったらなかったり。そんな生き馬の目を抜く空港到着ロビーにこの秋(夏?)誕生したのがローストの人気チェーン「太興」

前は確かここ、ファストフードの「大家楽」があったんだった。

さっそく大繁盛。チャーシューやダックなどをのせたローストご飯で有名なこの店、街中ではもちろん庶民価格の店。でもここでは…


じゃん。紫のボードに注目! って見えないか…。
高っ! ローストご飯やチャーハンが80HKDとか! 日本円だと1200円くらい。街中の倍くらいします。それだけ空港の賃料が高いってこと。それでもこの店ローストはもちろんミルクティーや朝食のサンドイッチ類なんかもおいしくて、使える店であることは間違いありません。なんにせよ次回試してみたい…が、80HKD…(白目)。

同じ到着ロビーには担々麺の行列店翡翠拉麺小籠包」もあり。現在リニューアル中で11月にリオープンを予定しているらしい。その隣にはスイーツの「許留山」がクローズして、代わりにワンタン麺の「何洪記(ホーホンゲイ)」がオープンするのだとか。こっちも衝撃の空港価格なんだろうな。でも到着して数分でワンタン麺が食べられるというのは魅力的。

相変わらず入れ替わりの激しい香港の店。でも、だからこそ何度も行きたくなる、何度行っても新鮮な香港なのかもしれません。


読者登録してね


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村