香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

香港最終日のお約束ランチ「正斗粥麺専家」@IFC香港駅

香港で一番行っているレストランかもしれない「正斗粥麺専家」。

なんでかというとここ、香港駅直結のIFCと九龍駅直結のエレメンツにあるから、エアポートエクスプレスに乗る前のラストごはんにぴったり。荷物を預けてここでごはんを食べて、電車に乗るっていう人多いんじゃないかな。

メニューは粥と麺、点心などごくベーシックかつローカル。でもなかなか高級な佇まいで、お値段もそれなり。それでも初めての香港など「ローカルフードが食べたいけど、いきなりどローカルなお店はちょっと腰がひけるわ」という人には積極的におすすめしたい。


中に入るとゴージャスなシャンデリアが!キラキラ 不必要に豪華、やたら派手。それも香港スピリッツ。つか中華スピリッツ。昼時はめちゃめちゃ混んでます。が相席上等、回転もよいため満席でもわりと早く入れるのでご安心を。

満席の時は入り口で番号ひいて待つシステム。あの銀行の窓口みたいなやつ。だから呼ばれるまでどこ行っててもいいんだけど、わりと光の速さで呼ばれるので前で待っていたほうがいいかも。


入って左奥にはヌードル&粥コーナー。
もくもく、おいしそうな湯気の中でおっちゃんたちが働いています。このライブ感がいいよね。

そしてここに来たらぜひ食べてほしいのが、これ!

お粥です。なんて地味な絵なんだ。

具も色々あるけれど、この日は魚入りをチョイス。ってわからないですね。香港のお粥って具が下に入ってるのが多いからね。何がおいしいって、ここのはベースの味がめちゃくちゃいい! だからホタテ貝柱のシンプルなお粥なんかだとよりその実力をダイレクトに感じることができるかも。でもでもでも、けっこう高いんだよね。値段忘れたけど(おい)、街場の倍はする。

そして香港人の大好きな「干炒牛河」。

この香港独特のほっそいモヤシが好き。ようするにフォーで作った牛肉焼きそばのようなものだと思うのですが、ここのはちょっと物足りなかった。色のわりにおとなしい味で、テーブル備え付けのチリは必須。

あと写真にはないのですがこの店のヒットは「銀糸肉絲炒麺」!!!
ようするに「かたやきそばのもやしあんかけ」ですが、麺が極細サクッサクでおいしかったーーー。香港の「銀座ア○タ—」みたいな上品系中華でありそうなお味だったので、香港のローカルな味に慣れない友達も食が進んでいたような。

今回のお会計は忘れてしまったんだけど、麺か粥食べて、点心ちょっと頼んでだいたい一人1500円くらいのイメージ。日本か。

街場の店と比べると決して安くはないんだけど、手堅くおいしいし何よりこの便利な立地だからついつい足が向くんです。何より香港のレストランには珍しくメニューに写真が付いているのがビギナーにはおすすめできるポイント。
それに麺粥屋の定番料理から広東料理、点心まで一通りのものが揃うから、滞在中に食べておいしかったものをアンコール!という気分の時にも使えるんですよね。

ちなみにこの店、空港のフードコートにも入ってるけど、さらにお高いからご注意!

……というわけで熱く語ってしまいました。
高いだの混んでるだの色々言うけど、私なんだかんだ好きなんだなここ。


正斗粥麺専家 中環店ラーメン
香港中環港景街1號國際金融中心商場3/F.,3016-3018號舖

読者登録してね

おもしろかったらワンクリックお願いいたします音譜
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

アップありがとうございます!アップ








にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村