香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

マカオ風エッグタルトの名店の味を香港で。「Expresso」(ザ・エクセルシオール香港)@銅鑼湾

香港おやつの代表格といえばエッグタルト。

エッグタルトと一口に言うけれど、ざっくりわけて二つのタイプが存在します。

 

ビスケット生地のタルトで蒸し焼きなのが香港風、パイ生地のタルトで表面がこんがりと焼かれているのがマカオポルトガル風とも言える)

……こんなかんじで合ってますでしょうか。甘い物に造詣が浅いので多めに見てください。 

 ことエッグタルトに関しては、私はさりげなくマカオ派。サクサクのパイ生地と香ばしい焦げ目が……たまりません。

そんなマカオの名店の味を香港にいながらにして食べられる店が、銅鑼灣の人気ホテル「ザ・エクセルシオール香港」のエスプレッソスタンド「Expresso」。

 

香港に来るようになって以来、ずーーっと通い続けている大好きな店です。

ロビー階のエレベーター奥に開いた白い扉が目印。ホテルの中だけどすごく気軽な店なので、カジュアルな格好で問題なし。

自分でレジに行って買うセルフサービス。

もちろん1個とかでももう全然大丈夫! 変なカオされません!

 ここのエッグタルトは、マカオポルトガル風エッグタルト発祥の店「Lord Stow's Bakery」のもの。なんでもこのホテルの支配人が以前マカオのホテルに勤務していた時出合ったのがこのタルト。そのおいしさに感激して、今はザ・エクセルシオールホテルでその味を提供しているというわけ。

なんでそんなに詳しいかというとこの店が好き過ぎて、数年前に、雑誌「Hanako」でこの店を取材させてもらったことがあるからなんだけど。

 エッグタルトは一つ10.5HK$。日本円で140円くらいかな。決して安くはないんだけどこれ、すっっごくおいしいから納得。皮はパリッ、中は焼きたてのプリンのように濃厚とろぷる卵の風味がふわーんと口の中に広がります。

 

 このお焦げ姿が食欲をそそるんですよ。

あとこの店、イリー(illy)社のエスプレッソが入っているので、それと一緒に楽しむのも超おすすめ。エスプレッソの苦味とエッグタルトのまろやかな甘味がマッチして、すごく贅沢なコンビネーション。このホテルに泊まった時は朝ごはんがてらエスプレッソとエッグタルトをいただいたのも懐かしい思い出。

 (ピンボケしまくってるけど)店内には小さなテーブルやカウンターがあるので、この後の観光の予定を練りながらエッグタルトとエスプレッソでブレイクするもよし。エッグタルトの店というと、街歩きしながら食べるイメージがあるけど(あれはあれでいいんだけどね)、ここはもうちょっと落ち着いて食べられるかんじ。

午後は近隣のオフィスにお勤めの人たちがおやつにテイクアウェイしていく姿もよく見かけます。ホテルの中だけど地域密着。それより何より仕事の合間にこんなおいしいエッグタルトが食べられるなんて香港の人がうらやましい!

 

Expressoコーヒー~Э

銅鑼灣告士打道281號怡東酒店地下大堂

 

 

 





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村