香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

【NEW OPEN速報】ケリーホテル香港宿泊記1 お部屋&インフィニティプール編。

オープンするすると言ってはや数ヶ月……。

晴れて4月28日オープンした「ケリーホテル香港(Kerry Hotel Hong Kong)」に早速泊まってきました。

 

 

 

 

「ケリーホテル香港」は、言わずと知れた(?)シャングリラホテル系列。

 

シャングリラーの皆さまにはすっかりおなじみかもしれませんが、同ホテルのモダン&デザイナーズ路線として、北京、上海にはすでに存在しているホテルブランドです。それがやっと香港に! 待ってました!

 

今回は九龍駅までエアポートエクスプレスを使い、無料バス「K1」に乗ってホテルへ。といってもいまはホテルにダイレクトでアクセスできるバスはなく、ご近所の「ハーバーグランドカオルーン」で下車。徒歩5分くらいかな。

ホテルから九龍駅へのシャトルバスもあります。

 

 

 メインエントランスは歩道がなく、車オンリー

 

「ケリーホテル着いた!」って感じを味わいたい人には車でのアクセスをおすすめします。というのも歩きの人用のエントランスが小さいのです。

 

 

 

ロビーへ。

窓の向こうはプライベートガーデン、その向こうは海!

まさにシティリゾート。

 

チェックインはこの奥の小さなカウンターで行います。最近仰々しいフロントを設けないホテルが増えてるんだなあ。

 

オープンからまだ1週間とあってか、支配人がお出迎え。彼は香港に来て11年で(たぶんそんなふうに言っていた)、以前はカオルーンシャングリラにいたのだそう。

いわく「ここがスケルトンの時から工事を見て来たので感慨もひとしおです」としみじみ、にこにこ。

おお……ホテルへの愛があふれている……ちらびっくり!!びっくり!!

 

その後スタッフの小姐に案内されてお部屋へ。

部屋に着くまで雑談。

「ここのデザイナーはアンドレ・フーさんですよね。お若いのに世界で活躍していてすごいですよねー」

小姐「彼をご存知ですか?」

 

とかなんとか言いながら部屋へ。ちなみにアンドレ・フー(André Fu)さんは、アッパーハウス香港やフォーシーズンズ丸の内などを手がけた、若き香港人デザイナーです。上品で洗練されたデザインが支持を得ています。

 

 さて、お部屋はこんなかんじ!

9階のコーナールーム。アップグレードしてくれたっぽいです。

 

 

小姐「いかがですか、お気に召しました?」

「それはもう。上品でありつつモダンで」

小姐「ケリーホテルはシャングリラよりカジュアルでモダンなラインなんですよ」

 

 テーブルまわり。

テレビもチャンネルをアイコンパネルで一覧表示になっていたり、ちょっとハイテクでした。

 

 景色は問答無用のホンハム集合住宅ビュー

 

手前は小学校で子供がちょこちょこ動き回っていて、翌朝眺めているのが楽しかった。このへんは日本人の駐在員も多く住んでるエリアらしい。

 

ところで右側のカップボードの上に金庫ーーーーー!!!

小柄な人だと(私も含む)視界に入らないので、入れたことも忘れそう。貴重品入れがこんなむき出しってすごいな。

 

 コーナールームなので、横の窓から根性入れて覗き込めば海も見えます

考えようによってはパーシャルハーバービュー。

その後一度も見なかったけど。

 

 バスタブはこの部屋にはなし。

フライト直後で疲れていたので「バスタブ〜〜〜(泣)」とフロントで甘えてみたものの、バスタブルームは満室だそうで。

 

アメニティはオリジナル。

 

シャワールームは広かった。

しかし向かいにあるトイレはドアがなく、誰かがシャワー浴びてる時は使うのを躊躇する構造。ここんとこずっとホテル界は「ドアがない(またはスケスケ)=モダン&斬新」という傾向ですね。個人的にはおしゃれじゃなくていいからドアがほしいです。

 

 部屋から見た廊下。

 左がオープンのクローゼット。スーツケースを載せる台も一緒になっていてすごく使いやすかった。

 

あと特筆すべきは、ミニバーとお菓子が1回目無料なこと!

 

 このチョコバーみたいなやつとオレオも無料だそうな。ドリンクはコーラ、ジュースなど7、8本あったような。ところで香港のオレオ、日本のよりかなり甘い!

 

 部屋によるかもですが、ネスプレッソもあり。

というのもこの辺コンビニとかぜんっぜん見当たらなかったので、これないと逆に不便かも。おこもりステイを楽しみたい場合は、必要なものを九龍駅で買ってからバスなり車なりに乗るべし!

 

そしてこのホテルで部屋以上に最&高だったのがルーフトップバーやダイニング。

香港のシャングリラでルーフトップ、今までなかったから新鮮。このホテルに行ってバーに行かないと絶対、もったいない!!!

 

そしておまけ。

この日はまだオープンしてなかったプールもチラ見させてもらいました。 

絶賛水入れ中。

このプールのヘリのぎりぎりまで水が満たされて、インフィニティプールになる予定だそう。ちょっと小さいけど、なかなかいいかんじ。いつオープンするのか聞いたら「in few days」って言ってたけど……(※ちゃんと次いったらやってました)

 

よーし、夏はここでマリーナベイサンズごっこやるぞーーーsao☆ハートハートシンガポール行けばいいのに)

 

オープンほやほやのケリーホテル香港。新しく開通したMTR黃埔(ウォンポア)」駅まで徒歩10分くらいなんだけど、行動派の旅より、どこにも行かずおこもりするスタイルがよろしいんじゃないかと。ちなみに今回の宿泊プランは公式WEBのオープニングオファーでした。下記の3つから好きなサービスを選べるというもの。

 

パンダupgrade to the next room category
パンダbuffet breakfast for 2 persons per night
パンダ20% off the Best Available Rate

 

それプラス、館内のバー「Red Suger」(これが最高だった)のワンドリンクつき。特にこのバーは必修モノの素晴らしさだったので、このプランで正解!

 

というわけで、バーと朝食編に続く

「BIG BAY CAFE」での朝食の記事はやじるしやじるしやじるしコチラ

 

さらにロビー直結フロアに近未来フードコート「Dockyard 百味村」がオープン!

そのレポもアップしましたのでどうぞコチラ

 

【2018年 追記

その後も絶賛リピートしています。

2018年初夏現在、最新のアップデートはこちらです。

www.girlstraveler.com

館内のルーフトップバー、Red Sugarもちょっと変わりましたので最新版をどうぞ。

www.girlstraveler.com

お値段と広さのバランスがいいから、MTR乗りこなせる人にはおすすめです。

 

 

 

 





 

 

 





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村