香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

【NEW OPEN速報】ケリーホテル香港宿泊記2 絶景バー「RED SUGER(紅糖)」編

晴れて4月28日オープンした「ケリーホテル香港(Kerry Hotel Hong Kong)」に早速泊まってきました。というわけでお部屋&インフィニティプール編に続き、今度は館内のルーフトップバー「RED SUGER(紅糖)」編。

 

 

 

前回も書いたとおり、今回のオープニングレートは館内の7階のバー「RED SUGER(紅糖)」でのワンドリンクつき。実はその前に歩き倒してへとへとだったけど、Complimentaryの響きには超弱いタイプなので、最後の気力を振り絞って行ってまいりましたsao☆汗汗汗

 

 

エントランス。

一瞬、広東料理の店かと思いませんか? 思いますよね?

 

スタッフに案内してもらって中へと進みますダチョウダチョウダチョウ

 

ところでここ最初にルーフトップと書きましたが、ホテルのてっぺんにある屋上というわけではありません。というのもこのホテル、海に面して客船のように側面が段々になっていて、それぞれの階に(全部じゃないと思うけど)テラスがある造りなのです。まあいいや、これもルーフトップの一種ってことで。

 

 

まずは室内。シックで落ち着けるかんじ。

ソファ席も多く、それぞれのテーブルにゆとりがあります。

 

 

でもやっぱり最高だったのは、ルーフトップからの眺め!!!

テラスに出たとたん「ぎゃーーーー!」と叫んでしまいましたsao☆ハートハート

 

右手にはセントラル方面の、華やかな夜景kirakira*kirakira*

 

カラフルで、ゴージャスで、大都会らしくて。

THE香港なポストカードでもおなじみの景色です。

 

左手にはフォートレスヒル(砲台山)からタイクー(太古)あたりの集合住宅の灯り。小さな灯りが集まって、味わいがある。これはこれで新鮮。

 

同じ香港島ビューでも右と左で全っ然違う!!!

 

その二つの異なる夜景を一度に楽しめるのがこのルーフトップの魅力です。

 

 

んでもって、振り返ればケリーホテル本体。

テラスから下を覗き込むと、海に面したプロムナードがあるだけ。視界を遮るものはなんもなーーし!

 

 

 

無料ドリンクはビールか赤白ワインとのことだったので、ワインをチョイス。おつまみもくれたけど、猛烈な湿気でポップコーンがみるみるしなしなに…。

 

 

通常のカクテルメニューはこちら。

 

ここには載ってないけど、スタッフのお兄さんいわく、シグネチャーカクテルは「Lucky Cat」だそうな。招き猫ですね。中国の穀物で作ったお酒(白酒のことかな?)をベースにユズをきかせたオリエンタルな一杯なんだって。飲んでみたいなーー。見たところ、カクテルは一杯100HK$〜といったかんじみたいです。

 

香港のシャングリラでは初(たぶん)のルーフトップバー。

前回アップしたインフィニティプールといい、トレンド要素盛り盛りですね。

 

ちなみに「RED SUGER」という店名の由来は、オーナーの原点が砂糖を扱うビジネスにあることと、ここホンハム(紅磡)の地名の“紅”を合わせたものだそう。

 

 

カクテルは飲んでいないからわからないけど、このハーバービューは鮮烈。香港の夜景が好きな人、ルーフトップバーに行きまくった人にこそ見てほしい。大都会と高層住宅の灯り、そのコントラストに思わず息をのむ、新しい香港の絶景バーなのです。

 

ケリーホテルがなぜオープニング記念プランにこのバーのワンドリンクをつけたか、その意図がわかるような気がしましたハムハム白目ハートハート

自慢したかったんだろうなー、このオリジナリティあふれる景色を。

確かにここに泊まったら、このテラスを体験しないとちょっともったいないかも。

 

とかなんとか書いてたら長くなったので、朝食編に続きますダチョウダチョウダチョウ

 

 

 

読者登録してね

 

↓お役に立ったらワンクリックお願いいたします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

 

 





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村