香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

香港だからこその贅沢! 行列イタリアンのトリュフ増し増しパスタ「Pici(ピチ)」@湾仔

 本日は目下超ハマっているイタリアンの話を。

 

私が香港に行き始めた頃だって(10数年前)、もちろん香港は美食の都でした。でも「イタリアンはちょっとね〜」という風潮がありました。いわく「アルデンテという概念がなく、パスタがおいしくない」。とかなんとか……。

 

あれから幾年月。

湾仔の星街に開店前から行列する超人気イタリアンがある!!!ということで、行ってまいりました。

 

その名も「pici (ピチ)」。覚えやすいでしょ。正確にはここ、イタリアンではなくパスタバーというジャンルらしい。すべて自家製のフレッシュパスタがウリなのです。他に競合店あるのか、そのジャンル。

 

私は何を隠そう超絶パスタ好き。大好きすぎて際限なく食べてしまうので(&必ず太るので)普段の生活はパスタを禁じているほど。

 

そもそもなんで香港でイタリアン?って言いたくなりますよね。でも行って!

日本ではできないような贅沢を超気軽に体験できるので、行ってくださいshokoponびっくりびっくり 

おっしゃれーkirakira*な佇まい。

開店の12時前から並んでいるとの噂だったので(というか前日に店を通りかかった時店員さんにきいた)、11:50くらいに着いたら女性が一人並んでいました。在住の日本人のお方。「えっ、観光で来たのにイタリアン食べるんですか??」と目を丸くされてしまいましたにゃにゃにゃ

 

そりゃ来ますよ!

何度でも言いますが、ここでは贅沢食材がお値打ちで食べられるんです。

やっぱり輸入食材に関税がかからないのが大きいですよね。

香港で食べるべきはローカルフード、ばかりではないと思うのです。

 

というのも、ここの2大人気メニューは

パンダ平日限定の148HK$ランチコース

パンダトリュフ増し増しパスタ

 

私のお目当てはトリュフパスタ!

開店時間には、10人ほどの列となっていました。

雨だったので、ちょっと人が少なめだったかもしれません。

あ、予約はできないんです。

 カウンターとテーブル、2階もあるみたいです。

少人数なら色々作ってるところが見えるカウンターが楽しい。

 

パスタ、作ってますね〜。

まさにできたて、フレッシュ。

 

 まず、人気の平日限定ランチコースのメニュー。前菜、パスタ、デザートで148HK$は確かにお手頃!  チャージも基本なし(基本、としたのは「サービスがよかったら、チップくれてもいいからね」と書いてあったからです)。

 

 このボードの上に載ってるやつが、ランチの前菜コールドカットです。ランチの前菜でこの量って、太っ腹すぎ。

 

こちらがグランドメニュー。

 お値打ちランチにも心動かされたけど、ここまで来たからには私は、食べたいものを食べるのだ!!!

 

 お目当てその1 ブッラータチーズ。95HK$

 

簡単に言うと、フレッシュの半生モッツアレラチーズのようなもの。これもここの名物。ちょっとお高いと思われるかもしれないけど、日本でおいしいイタリア産ブッラータ買うと、単品を買うだけでも1500〜2000円くらいします。たぶん。レストランではもっと高いはず。

 

なにしろ濃厚、フレッシュ、クリーミー!!!

来てよかった〜という味わいでした。

 そして来ました!

お目当てその2 トリュフ大盛りパスタ。

メニュー名は「Tagliolini(タリオリーニ)」160HK$。上に削った黒トリュフはもちろん、パスタもトリュフオイルの香り豊かで、トリュフ好きにはたまらない一品。絶品です。名作と言っていい!!!

 そして長時間煮込んだ牛肉たっぷりの「Pappardelle」140HK$。

上のチーズがすごすぎてパスタが見えませんが、幅広パスタです。

これは濃厚。ビーフシチューみたいなリッチな味わいです。

 

 帰る頃にはすっかり満席。

この入口の席だと、皿やお酒のサーブとか外から給仕してくれるのもユニーク。

 

いやー、おいしかった。

香港でパスタを食べる日が来るなんて、しかもリピートしたくなるほどおいしい店に出合えるなんて、10数年前は想像もしなかったなあ。

 そしてプチ情報。 

 お隣はこちらも人気の「徳如茶餐廳」。

パスタを楽しんだあとはここで香港ミルクティーっていうのもアリかなと。

 

Pici

16 St Francis Yard, Wan Chai, 香港

 

 





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村