香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

味、空間、立地すべてが完璧! 新・広東料理「中華滙館 The Chin's」でランチ@中環


 

香港のおしゃれ物件マスターともいうべきライター&ブロガーの甲斐美也子さんとランチ。今回セレクトしていただいたお店は、中環(セントラル)に出来たレストラン「中華滙館 The Chin's」

 

彼女がコーディネーターとして大活躍した「FIGARO 香港特集」にもおいしそうなもろもろが出ていたこの店。まさかこんなに早く訪問できるとは。ありがとうございますハートハートハート

 

本気ですてきな店ゆえ、今回はまじめモードでshokoponびっくりびっくり

普段は…?


 店に入った瞬間、心を奪われるのはその内装。


ターコイズブルーで統一された空間が華やかでさわやかsao☆kirakira*kirakira*  香港らしいのに、それでいてギラギラじゃない。




サービスプレートの美しさにも、そのエッセンスが詰まってます。

 

私たちのテーブルの向かい側は、一面が大きなワインセラーになっててファインワインがぎっしり、のようにお見受けしました。


さすが中環の一等地。

 

 

 

メニューブックもおしゃれでわかりやすい。

この点心のページ、かっわいいーーー!!!

 

お料理は広東料理をベースに、中国の地方料理まで幅広くおさえている模様。

そしてこの点心からもわかるように、トレンドの取り入れ具合も内装同様、絶妙。

 

 

 

特にキュンキュンしたのは、このピンク色の点心!!!


かわいい

愛くるしい

食べちゃいたい。


食べましたけど。

 

こちら、シャンパン風味のシーフードdumpling。

インスタ映え点心が人気継続の中にあって、これはお味もプレゼンテーションもワンランク上の貫禄。

 

 

そしてもう一つの必食メニューが、この鳩の紹興酒漬けおいしいハートハート

 

見た目はなかなかのインパクトですが。

鳩が鳩らしいのに柔らかくて臭みがなく、余韻に紹興酒がふんわりと香る。

さすが甲斐さんのおすすめ。

 

こういう香港でしか食べられない味に出逢うと「あーーー、来てよかった!!!」って思います。こういう瞬間のために働いているのかもしれぬ。


 

 

この極厚チャーシューも味わい深いし柔らかいし

 

 

 

他の点心も、見た目と味の両方で楽しませてくれます。この一口パイはサクサクで中はクリーミーで、これがまた…。

 

味も内装も伝統とモダンのさじ加減が絶妙。トレンドをおさえつつあくまで上品なのが心憎い。

 

こちらのシェフがLandmarkにある「China Tang(チャイナ・タン)」のご出身とのこと。なるほどー!

 

 

シンプルな豆苗のスープ炒め(?)にも癒された。


香港の豆苗、すき。


 

 

それにしてもインテリアや食器の秀逸なこと。

 

一つ一つの調度が手抜かりなくきっちりセンスいいので(本当にこういうのどこで売ってるの?)、香港のアッパーな世界観に心の底から浸れます。なのに、ちっとも華美でない。


そこに痺れる憧れる!ジョジョ風に読んでください)

 

 

 

外観はこのようなかんじ。

なんか人多いのは、たまたまです。

 

場所は中環のど真ん中、Stanley St,。

 

泣く子も黙る「陸羽茶室」のほぼ向かいです。

ロケーションまで神…!!!

 

 

料理、空間、立地と三拍子揃った「中華滙館 The Chin's」。


とくにあの鳩…忘れられません。脳内にある「絶対また食べたいものメモ」にオンリストしました。


それにしても笑った、食べた。

そしてこの後セール行った。

しあわせの連続を、ありがとうございました!

 

中華滙館 The Chin's

G/F, 13 Stanley Street

 

 

読者登録してね

 

↓お役に立ったらワンクリックお願いいたします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村