香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

【コタキナバルホテル宿泊記】空港から15分のリゾート「シャングリ・ラ タンジュンアル」。

f:id:chihosawa:20190627130616j:plain

コタキナバルには2つのシャングリ・ラのリゾートがあります。一つが「シャングリ・ラ ラサリア」、もう一つがこの「シャングリ・ラ タンジュンアル リゾート&スパ コタキナバル」。

どの情報サイトでも「ラサリアとタンジュンアルどちらがおすすめ?」的なテーマが繰り広げられていたので、どっちも泊まってみました。まずは「シャングリ・ラ タンジュンアル」から。

タンジュンアルの大きなアドバンテージは、コタキナバル空港が近いこと。

f:id:chihosawa:20190621161003j:plain

空港から車で15分。あっというまにこの絶景。

二つの棟に分かれていますが、私は安いほうを選択。違いはラウンジがついてるとか、ついてないとか、そういうことだったような。私は広ければそれでいいので、安いほうを迷わず選択。

f:id:chihosawa:20190622055451j:plain

f:id:chihosawa:20190622055455j:plain

このように近くにコンビニがない時にありがたい、会員ドリンクサービス。

しかしウェルカムフルーツってどうやって食べるんだろう。バナナくらいしか食べたことがない。

f:id:chihosawa:20190627130621j:plain

バルコニーからは海とお庭。タンジュンは手軽なビーチリゾートとして地元でも知られた存在なのだそう。

f:id:chihosawa:20190627130625j:plain

蚊取り線香がかわいい。

f:id:chihosawa:20190627130634j:plain

プールもあります。

嫁を撮る夫、を撮る私(知らない人です)。このようなコリアンカップルがコタキナバルにはたくさんいます。私が歩いている時も「日本人?」とは聞かれず「韓国人?」とまず聞かれました。直行便があるらしい。

気になるお値段ですが、ラサリアよりちょっとお高め。

中心地に近いとか、そういう立地によるものでしょうか。中心地まではGrabで15分くらいだった。

f:id:chihosawa:20190627130629j:plain

朝ごはんは種類いっぱいで、エンタメ感重視。

ファミリーいっぱいで、うるさ…いや、にぎやかです!!!

そうタンジュンアルは、全体ににぎやか。真夜中になるまで庭で大盛り上がりのパーティーが開かれていたりとか(持っててよかった耳栓!)。フィリピンの夜を思い出す大騒ぎっぷり…。マレー半島と比較すると、地理的にも近いせいか、ボルネオ島はフィリピン感が色濃い。食べ物がこってりとか、人が賑やかとか、ショッピングモールの雰囲気とか(人口に対して建物が巨大で、がらーんとしている)。同じマレーシアといっても、半島とはけっこう文化が違うものだなあと。

ここは一晩だけお世話になって、次は車で1時間の田舎リゾート「シャングリ・ラ ラサリア」に移動しました。移動はもちろんGrabです!

 

タンジュンアルのメリットをまとめると

◎空港から近い

◎中心地からも近い

◎便利だけどリゾート感もビーチもある!

といったところ。

コタキナバルを周遊する時の行き帰りに一泊、というのが賢い使い道かも。

中心地からも近いので、夜は街にGrabで出て、コタキナバルの地元食堂へ。おいしかった店、こんど紹介しますね。





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村