香港女子旅研究所。in 東京

遠くに行けない香港好きが身の回りで見つけたお気に入り。2020年バージョンでお送りします。

【スポンサーリンク】

香港オタクの横浜中華街探検③ 「華正楼」とニューグランドでおみやげ探し、そして中華街の人々。

横浜中華街へ行くなら、食事と同じくらいに重要なもの。

それがおみやげ!

自分みやげも、周りの人へのおみやげも、星の数ほどのおみやげものが渦巻いている横浜中華街では、目移り必至。どれかなんてもう、簡単には決められません。

今回横浜滞在時間3時間(中華街は1時間半!)の中であっても「これとこれだけは外せない!」と買ったものを中華街とその周辺から紹介します。

「華正楼」の肉まん。

f:id:chihosawa:20200912113527j:plain

いきなり出ました、王道にして大本命。

 

f:id:chihosawa:20200912113519j:plain

肉まんといったら横浜中華街で一番おいしいのはここ! 

…と言い切る人が圧倒的に多い。好みは人それぞれなはずなのに、ここだけは絶対意見がかぶっちゃうの、なんででしょうね。味にうるさいみなさんもここのは大絶賛。

その理由はていねいな作りと素材のよさにあり。

特に低温発酵させたもちもち皮は絶品との評判。ちょっとくらい高くても、お店の人が塩対応でも、ここはやっぱり名店中の名店です。

今回は季節柄、月餅も買いました。

f:id:chihosawa:20200912113515j:plain

気合入ってる〜。種類が多い、そして一つ一つが大きい。

 

f:id:chihosawa:20200912113511j:plain

今回は木の実入りのこちらを選んでみました。

ナッツぎっしり、確かな満足。(どっかで聞いたことあるやつ…)

 

あといままで気づかなかったんですけど、こんなものもあるんですね。

f:id:chihosawa:20200912113523j:plain

餃子&焼売。

レストランとしての評価もゆるぎない華正楼さんだから、こちらもきっとおいしいはず。餃子食べてみたいなー。ホームパーティーとか親戚の集まりとかにどうでしょう。喜ばれそう。しかしここは肉まんでも月餅でも餃子でもビッグサイズなんですね。

 

f:id:chihosawa:20200912113508j:plain

格式高い入り口もたまらない。

 

そして中華街から離れますが…ちょっと足を伸ばして、ホテルニューグランドに寄らないで帰るなんて私にはできない!

 

ホテルニューグランド「ザ・カフェ」のアラナナ。

f:id:chihosawa:20200922163251j:plain

というわけでやってまいりました。山下公園を前に、横浜中華街を背にした老舗ホテル。

 

…の隠れ手みやげってもういっぱいありあすぎて迷うんですが最近知って大好きになったのが洋菓子です。ナポリタンやドリアなど、ニューグランドから広まったといわれる料理はたくさんありますが、それを食べられる「ザ・カフェ」で購入できます。

でこちらは仕事を通してスイーツジャーナリストの方に教えていただいたので私のおすすめというべきかは微妙ですが、おいしいものはおいしいのでやっぱり!お知らせしたい!

それがこのアラナナです!

サクサクのビスキュイ(ビスケット生地)でバタークリームとパイナップルをサンドしたかわいらしい洋菓子。奥のカフェでテイクアウトできます。

 

f:id:chihosawa:20200922163306j:plain

サクっとした食感と、硬めのバタークリームと、パイナップルの酸味がたまりません。そして何よりこのかわいい色!!!

ケーキみたいだけど、微妙にケーキじゃないってところも面白くて好きです。

 

そしてホテルニューグランドに行ったら見たい景色があります。

f:id:chihosawa:20200922163255j:plainコーヒーハウス横にある階段をのぼった先にある…

 

f:id:chihosawa:20200922163303j:plain

この旧館のロビー!

 

f:id:chihosawa:20200922163300j:plain

ここから見る山下公園氷川丸が好きです。

いつ行っても静かで、いい雰囲気で、時が止まっているかのよう。

…なんて簡単に「時が止まっている」とか言うのは簡単ですが、それを実現するのは並大抵のことじゃない。お金もかかるでしょうし、勝手に手を加えられないし。もう、感謝しかないです。この場所を安易にカフェとかにして人を集めようとしないホテル側の姿勢にもプライドを感じます。矜持!

 

というわけでしばしここから海を眺めたら、一目散に元町・中華街駅へ!!!

 

…と終わりたいところですが、実はもう一つ…私が大好きな自分みやげスポットがあるんです。

ザ・中華街なたくましき人情が詰まった、秘密の中華食材卸店。

f:id:chihosawa:20200912113501j:plain

それが中華街のはずれにある、とある中華食材の販売所。

ひさびさ行ってみたら、なんと「テナント募集」の看板がーーー!

うっそ、閉店!? 

ぼうぜんと立ち尽くしていたら隣の店の休憩中の中国人シェフたちがすぐとなりの路地を指すではありませんか。「え、こっち…?」と進んでみると、ありました。

すんごく小さな売店と工房が。

 

「よかった〜、閉店したかと思って焦りましたよ」とお店のお姉さんに言ったら、いつものぶっきらぼうな口調で「一般のお客が増えてきて取引先の店の人たちから文句がきたから閉店したようにみせてるんだよ」とのこと。

 

私「え!? じゃ表のテナント募集の看板は…」

お姉さん「あれは知り合いの不動産屋に借りて、置いておいただけだよ」

 

えっまじ? すんごいアイディア!!! 店でありながら、そこまで客を拒む矛盾した感情。面白すぎて爆笑しました。

「あんまり面白いからブログに書いていいですか?」

って言ったら

「また客が増えるからやめて!」

と言われました。あはは。いつもぶっきらぼうだけど、一番話にノッてくれるお姉さんです。とりあえず閉店してなくてよかった! このなんでもありのマイペースさ、さすが小さな外国だなあと感じ入ってしまいます。

 

 つかのまの、けれども楽しい中華街トリップでした。

 

アーカイブはこちらからどうぞ〜

www.girlstraveler.com

そうそう「かをり」もね、立派な横浜みやげ。

 

www.girlstraveler.com

この店もう一回行ってみたいなあ。

 

やっぱり面白い山下町と横浜中華街。月に1回は来て掘り下げたい。

 なるか「月刊・横浜中華街」…!?

 

 





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村