香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

朝3時から!のローカル飲茶「新興食家」@堅尼地城

香港大学駅前のホテルからトラムで西端に向かって約10分。

朝飲茶を楽しみたくて、堅尼地城(ケネディタウン)の「新興食家」に行ってみました。

 このオレンジの看板が目印。

 香港迷にはおなじみのコチラ、私はこの日が初めてでした。相席上等のローカル飲茶であることは知っていたので、賑わってるのだろうな予想しつつ店に入ると……。

想像以上の超満席。

店の入り口にも人がぎっしりで、席につくまで一苦労です。そうこうしてなんとか入り口の近くに席を見つけて、杖をついた地元のおじいさんと相席になりました。

 

オーダーはお店の人に頼んでもいいし、蒸し上がった点心を「○○ですよ~」って言いながら回っているなかからもらってもいい。

私みたいに広東語が超片言で口頭でのオーダーに自信がない場合は、オイマイ(テイクアウト)コーナーのせいろのフタをぱかぱか開けて、好きな物を探してもOK。

わりとなんでもありのようです。常識の範囲内で。

 

 とりあえずの一品目は、シュウマイ具だくさんでぷりぷりです。

この一品目が来たのを見届けて、相席のおじいさんは帰っていきました。

 会話こそしなかったけど、危なっかしく思って、私がちゃんと食事にありつけるか見守っていてくれたようです。香港人ってぶっきらぼうだけど、やさしさの種類が日本人と違うだけですごくやさしいです。

 私も日本で外国人が困っていたら私もお手伝いしようってあらためて思う。 

 そして私の大好きな鮮竹巻。ようするに湯葉巻き。

中身は店によりけりなのですが、ここは確か魚のすり身。私的には魚の浮き袋入りがベストですが、これもあり。

 せいろをトレーにのせて回っていた店員さんからもらった、大定番のハーカウ(えびぎょうざ)

これと湯葉巻きは絶対食べずにいられない。ぷりぷりだけど、ちょっと時間が経ってしまったのか皮が溶けかかっていた…。

 そしてデザートのカスタードまんちょっとしょっぱいカスタードが後を引く味。

みたらしだんごとか、甘じょっぱい系好きな人はハマると思います。

 割ってみると、このとろとろ加減!!!

 4品頼んで、お会計は84HKD。1200円くらいかな。

 

ちなみにこのお店、3時から営業しているんです

なぜそんな早くからやっているのか、3時に来るのはどんな人たちなのか。気になるところではあるけれど、絶対起きられないので永遠の謎となりそうです。

 

新興食家

香港西環士美非路8號美暉大廈地下





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村