香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

前行政長官も愛したこの味。「 禮賓傅 Lai Bun Fu」@中環

9月の香港旅で、ものすっごく楽しみにしていたこと。それはオープン当初から憧れていた広東料理店での女子会。

その店の名は「禮賓傅 Lai Bun Fu」
派手な看板などはなく、案の定道に迷って近くの人に道を教えてもらったけど「ライバンフー」という発音になるみたい。「ライブンフー」では通じなかったよ。

ここは香港のガバメントハウスで腕をふるったシェフの料理が食べられる、ラグジュアリー広東料理。ランチでも飲茶はなし、広東料理1本。その硬派な心意気にしびれる。





中環の路地のどん詰まりにあるビルのワンフロア。こじんまりとしているけどヴィンテージ感漂う調度が高級感! 香港のアッパーな方の邸宅に招かれた気分を疑似体験できます。


さて前菜。肉厚のクラゲ。ぷるんぷるん。ジェリーフィッシュとはよく言ったもんだ。


ホタテとキャビアをのせた蒸し豆腐。とろーり、やさしい。


そしてメインのチキンのロースト。見ようによってはグロい? 大丈夫? でもこれがすばらしく美味。肉の旨味が凝縮されていて…。ソースも伝統的なものからブルーベリーやハイビスカスなど創作系まで。ソースによって一口ごとに味が変わるからいくらでも食べられちゃう。


ロブスターがチャーハンに突っ込んで…いるわけではありません。ロブスターとホタテのチャーハン。贅沢すぎる。そしてお米の香ばしいこと。この「どーだ!」と言わんばかりの直球な迫力も香港らしくて好きだ。


別腹。お店の一押しはクルミのお汁粉。中にお団子が隠れています(スプーンでリフトとかすればよかったよね)。これがまた滋味深い。クルミの香ばしさとまろやかさが楽しめて、甘党でない私でもぺろりと食べ切れてしまう。

他にも野菜の炒め物を頼んで、ゆーっくりおしゃべりを楽しみながらお代は一人7000円くらい。お昼としては決してお安くはないけど、食べる価値がある、と思う。食事というより一つの経験。
前行政長官ドナルド・ツァン氏も愛したシェフの味。旅の思い出にいかがでしょうか。

予約は必須。
ホームページからメール経由で予約できまっす。
http://www.laibunfu.com/venue.php


禮賓傅 Lai Bun Fuナイフとフォーク
中環安蘭街18號5樓

読者登録してね

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村






にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村