香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

フライドチキンの人気店「Jollibee(ジョリビー)」で突然の朝食体験。@紅磡/ホンハム

 

 

フィリピンが誇る2大食文化といえば、サンミゲルとファストフードの「Jollibee ジョリビー※個人の感想です。

 

その「ジョリビー(以下めんどいのでJollibee)」がホンハムに新店をオープンしました!!!

 

 

 

ローカル歴史遺産「観音廟」のお詣り帰りに前を通って、気づいたら入っていた。もう空港に行かなきゃいけない時間だったんだけど、通りかかっちゃったら仕方ない。勢いで生きてます。

 

なんでつい入っちゃったかというと昨年秋のオープン時に、行列までできた人気っぷりを見ていたからです。

 

香港におけるJollibeeのバズり具合については、前の記事をご参照ください。

Jollibeeは1996年に上陸してはいたものの、2店舗目がオープンしたのは2016年。その後大ブレイクしていまや8店舗あるそうです。※私調べ。

 

上の看板でわかるように、Jollibeeの漢字名は「快楽蜂」らしい。

香港ではHappyを「快楽」って書くのですが、二回目くらいの来港でそれを知った時「香港、いいじゃないか」って思いました。

 

 

 

グロテスクな笑顔の「快楽蜂」に迎えられて入ります。

前も書いたけど、ぎりぎりかわいい。

 

ジョリビーに対して冷静なスタンスを崩さない私ですが、それは前回書いた通り、セブ島出張のせいでしかありません。

 

そのハードコアな思い出の中に、ジョリビーがある。

ただそれだけ。

ジョリビー(そんなに)悪くない。

 

本国では国民的ファストフードであるはずのジョリビーですが、

香港ではフライドチキンの人気店としてキャラ立ちしている模様。

ここの看板にもCHICKENJOYって書いてあるから、そうなんでしょう。

 

 

 

でもこの時は午前中で、まだモーニングの時間。

意外にもフライドチキン色はなし!!!

 

…かとおもいきや、一番端に「Breakfast Chikenjoy」40HK$ってあった。

チキンにはコメ。これがジョリビーの方程式です。

他は全部パンなのになぜ。

 

そのこだわりを無視して、クロワッサンと目玉焼き&コンビーフのドリンク付きセットをチョイス。35HK$。

 

 

待ってる間、店内を見渡す。

 

雨の朝、他には一組しかいない店内は心細いくらいに広い。

でも新しいこともあって、すごく清潔です。

 

 

 

 

 

店内を彩る、アートピース(?)の数々。

 

私が行った本国の田舎のロードサイド店を思うと、隔世の感。

 

 

 

そして来ました。モーニングおいしいハートハート

 

このパンが横に切れ目が入っているので、そこにコンビーフと玉子をはさんで食べることになっているようです。

 

それより下の紙に書かれた「Juicylicious!」の言葉が気になる。

「CHICKENJOY」とかいろいろ造語(?)が面白い。

使う機会はないと思いますが。

 

さて、味。

玉子はぷるぷる、いい火の通り加減ハートハートsao☆

パンは、柔らかい香港スタイルで甘くてバターの香りがリッチsao☆

しかし、コンビーフが塩辛いのが惜しい…sao☆

 

フィリピンスタイルの濃い味。でも卵やパンが塩気控えめなので、サンドすると結果的にはいいアクセントになりました。

 

でもこのコンビーフ絶対多い…!

はさみきれませんでした。

あとなんかつゆだく…いやジューシー。

これがくだんの「Juicylicious」…!

 

食べ終えて店を出ようとしたら、フィリピン人のおばちゃん店員と目が合いました。

 

私   「ここのジョリビー、新しいですね」

おば「まだできて数ヶ月なのよ」

私   「昔、フィリピンのセブで食べましたよ」

おば「あらまあ〜、Cebuに行ったの? いいとこでしょう」

私   「う…うん??? でもジョリビーは香港にもう一軒あるよね」

 

そう言うなり、おばちゃん満面の笑顔で

 

「そんな! ジョリビーは香港に8店もあるのよ!」

 

その笑顔はとても誇らしげ太陽太陽太陽

私、日本のプロダクトで自分のことのように自慢できるものあるかなー。

サランラップ…は誇れるな、とりあえず。

 

 

おばちゃん以上に、グローバル感をアピールするイラスト。

 

世界には1200軒もあるそうです。

それだけフィリピン人が色んな国で働いてるってことでもある。

っていうかこの地図の位置関係、独特じゃないですか。

 

 

えーと……

結果的には楽しかった!!!

あと食事も満足感あって、チェーン店は間違いないな。

というか香港で人気の店は、チェーンでもそうでなくてもだいたい高コスパ

 

 

今度はホテルの部屋でビールのおともがほしい時に、フライドチキンのオイマイ(Take away)に来てみよう。

 

ロケーションとしては「In the heart of Hung hom」というかんじ。

最寄りのMTR黃埔駅(Whampoa)からは少し歩くけど、スーパーとか店が集中するダウンタウンの中心部なので、買い出しのついでの休憩にも使えそう。

 

なにかと使い勝手がよろしいかと!

 

で、急いで空港に向かうかと見せかけて、次なる寄り道が発生!!?

それについてはまたこんど。

 

 

Jollibee Honghom (ジョリビー肉っ!

120 Baker St, Hung Hom

 

 

読者登録してね

 

↓お役に立ったらワンクリックお願いいたします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村