香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

キャラメルマキアートがビールになった!? 香港スターバックス特製クラフトビールを勝手にレビュー。

f:id:chihosawa:20180611143147j:plain

なんと、香港のスターバックスにはオリジナルのビールがあるんです。

日本のスターバックスにも最近はお酒を出す店がありますが、あれはワインでしたっけ。香港のスターバックスにはなんと! オリジナルのクラフトビールを出す店があるんです。といっても店舗限定。

その店は…IFCモールの上の階にあるらしい。

ということで行ってみました。飲んでみました。

 

f:id:chihosawa:20180611143118j:plain

スタバビールの提供店舗はどこ?

いきなりですがIFCの2階です。地上階にもスタバはありますが、そちらはビールはないのでご注意。「ビールある?」って言ったら「上の店だよ」って言われました。

f:id:chihosawa:20180611143124j:plain

広い店です。でもいっつも混んでて席がない。ていうか手前の人のクセが強い。

でもこの写真だと左側の奥なんですが、カウンターの裏に隠れた席があって、そこはわりと空いてます。というか気づきにくい場所なので、いつもIFCに買い物に来ている地元の人がほっと一息つく席というかんじ。コージーでした。

 

f:id:chihosawa:20180611143100j:plain

そして噂のビールはというと…こちらです。

 

味は2種類。いずれも78HK$。

Caramel Machiato cream Ale(キャラメルマキアートクリームエール)

Mocha Brown Ale(モカブラウンエール)

 

キャラメルマキアートモカ。ちゃんと「らしい」っていうか、スターバックスの2大人気メニューをコンセプトにしているのが心憎い。さすがスタバ、やるからにはただじゃ済ませないっていう(ただのスタバファンです)。

f:id:chihosawa:20180611143138j:plainスターバックス特製クラフトビール。そのお味は?

目の前でサーバーから注いでくれます。私は瓶より断然ドラフト派なのでうれしい。

 

で、お味について。

モカはやっぱり香ばしくてこっくりしていて、苦味は控えめ。おいしいんだけど、これなら「他で飲んだことのない味」ではない。78HK$の価値はうーんありっちゃありだけどどーかなー、というかんじです。

その点、キャラメルマキアートはすごくオリジナリティがありました。エールというと軽やか&フルーティなイメージがあるけど、こちらはちゃんとカラメルの甘みと香ばしさ、そして余韻にクリーミー&ミルキーなフレーバー。これぞまさにキャラメルマキアート

キャラメルマキアートをビールで表現しきっている!

 

当たり前ですがコーヒーは豆。ビールは麦。

違う素材なのでもちろん違う持ち味、違う味なのですが、コンセプトがちゃんと揃っているんです。あまりにもキャラメルマキアート感があると思って店員さんに色々質問したんですが「わ、わからん…」とのこと。なので地元メディアの記事をあたってみたところ、作っているのは地元のクラフトビールメーカーで、このエールはコロンビア産の豆をカラメルとともに18時間以上ビールに漬け込んで造っているのだそうです。なるほど、このリアルなキャラメルマキアート感はそういうことか! でもこのミルク感はどこからくるの…? そこは企業秘密かな。とにかくその味を表現する技とセンスにおそれいりました。

 

このスタバビール、今年の春からのメニューのようです。

店員さんいわく台湾でも売っているらしい。台湾行く人もチェックです。

 

いまやホテルもオリジナルビールを作るほど、クラフトビール愛が止まらない香港。

でもこれはちょっと他では飲めない。特にキャラメルマキアートエールはやみつきになりました。

f:id:chihosawa:20180611143158j:plain

おまけ。香港みやげとして人気の香港スタバ特製バゲージタグもこちらで買えます。

この茶色のスリーブ、パッケージの一部なんですよね。これがタグ本体に付いていたら「芸こま」でかわいいのに、惜しい!って思ってます。というわけで買ってない。

 

The Starbucks Reserve Store

the level 2 podium of IFC Mall in Central, Hong Kong

 

 

 

 

 

 

 

 





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村