香港女子旅研究所。

旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内

【スポンサーリンク】

尖沙咀の最新ホテル「ローズウッド 香港」のハイエンド茶餐廳「ホルツカフェ」。

f:id:chihosawa:20190721161405j:plain

2019年3月に尖沙咀(尖東)のウォーターフロントに誕生したラグジュアリーホテル「ローズウッド 香港(Rose Wood Hong Kong)」を探検させていただきました。 ティールーム、お部屋、バーと3回に分けて紹介できたら(という希望的観測)

今回は2階のティールーム「ホルツカフェ(Holts Café)」編。

もう一つアフタヌーンティーを楽しむための「ザ・バタフライルーム」というサロンがあるのですが、この「ホルツカフェ」は、テーマはなんと…

香港ローカルグルメの代表格、茶餐廳(チャーチャンテン)!

これ以上ないラグジュアリーホテルが庶民の味をエレガントに再現…。好奇心で胸を高鳴らせながら店内へ。

f:id:chihosawa:20190721161351j:plain

なんという端正な茶餐廳。

PR担当の方に「誰がどう見ても茶餐廳なんですけど(笑)」と説明を受け「確かに! これは誰がどう見ても茶餐廳そのものですね!」とお返事してしまった。

さてメニューですが、エッグタルトからローストごはんまで茶餐廳メニューが揃います。しかし今回はお茶だけの予定。せっかくなら香港茶餐廳らしいものを、と選んだのがインヨンティー鴛鴦茶

紅茶とコーヒーを混ぜたアレです。とはいえ私じつは一度もインヨンティーを飲む機会がなかったのですが(茶餐廳入ると反射的に凍奶茶と言ってしまう症候群)、まさか初めてのインヨンティーがこんなラグジュアリーな一杯になるとは…人生って不思議なものですね。

f:id:chihosawa:20190721161416j:plain

このようにおしゃれなボトルから注いでくれます。

f:id:chihosawa:20190721161420j:plain

紅茶の香りとコーヒーの苦味を、ミルクが包み込んで一つになっている。ミルクティーが人気の香港だからこそ成立した一杯なのかもしれません。ストロー自粛のお店が増えていますが、こちらも例外にあらず。

中華なお菓子も、ちょこんと。このシノワなお皿はじめ、ダイニングで使われているオリジナルの器は、同じフロアのブティックコーナーで買えます。おみやげにいいかも。

f:id:chihosawa:20190721161435j:plain

アーティなケーキも買えます。斬新なのにエレガント。これはほんの一部。

f:id:chihosawa:20190721161430j:plain

大人数用のソファーもありました。

実はここ、朝食のダイニングでもあるそうですがその朝食風景は「ホテル感」を極力削ぎ落とした仕様になっているそう。どんな趣向が凝らされているかは…ぜひ泊まって確かめてみてください。

「なるほどね!」って目からウロコが落ちるかもしれません。

 

f:id:chihosawa:20190721161425j:plain

ボックスシートの上のクジャクさんオブジェを仰ぎ見ながら過ごすティータイム。

こちらに象徴されるように、ホテルの中いたるところにアートピースが存在しています。最初の写真のゾウさんも、このホテルを代表するアートピース。

f:id:chihosawa:20190721161405j:plain

 今回の待ち合わせはこちら。ロビーの脇のスペース。「ゾウさんの前で」といえば絶対通じます。

そしてPR担当の方が「お部屋はロロ・ピアーナの壁紙なんですけど…」と一言。

ロロ・ピアーナといえば最高級カシミアに代表されるブランド。そのブランドの壁紙ですと。それは見たい! 拝見したい!

限りなくエレガントで、限りなく独創的。そのエッセンスはティールームにだけでなく、お部屋の細部という細部にまで、惜しみなくちりばめられておりました。

そして何より、お誘いいただいた香港トレンド女王甲斐美也子さま、本当にありがとうございました!

うっとり&ため息のお部屋見学は次回。





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村