香港女子旅研究所。

ライターが見つけた香港、アジア、そして日本のお気に入り。

【スポンサーリンク】

【香港で買ってた必需品どうする!?問題】カヤジャムは「ラッフルズホテル」のものが美味&買いやすい!

 

f:id:chihosawa:20200831093206j:plain

香港で買いだめしていた生活必需品(の一つ)をどう入手するか!?

最後に香港に行ってから8ヶ月。「隔月香港」がお約束だった私からしてみたら、これは革命的なできごとです。

隔月で香港に行くというと「なんで?」とよく聞かれたものですが、日常を離れてのんびりしたいっていうのが一番(物理的に距離を置かないと仕事を忘れられない)。でももう一つ、日常の必需品を買うこともひそかな目的でした。

 

香港で絶対買っていた必需品リスト。

行ったら絶対買うものだけでもざっとこんなかんじ。

◎ベイユヴェールのバター(最初はエシレ派だったけど心変わり)

www.girlstraveler.com

◎麻辣鮮露(辛いソース)

www.girlstraveler.com

 

◎コルゲートのOptic White

www.girlstraveler.com

ああもうそれぞれ記事にしてますね。そしてもう一つ、リアルに毎朝食べるのが

カヤジャム!!!

でした。

ああ食べたい、冷蔵庫にこれがないなんて、そんなのうちの冷蔵庫じゃない。でも大丈夫!(なつい)日本でもインターネットの力で買えました。

カヤジャムとは何か?

カヤジャムとはシンガポールやマレーシアの国民的ジャム。パンダンリーフとココナッツの甘い香りのジャムです。

朝からよく食べる私は、トーストに分厚く切ったバターをびっしりと敷き詰め(塗るとかいうケチなレベルではない)、その上にべーーーーったりとこのカヤジャムを塗りたくっていただく♪というのが毎朝の喜びでした。

香港ではTOAST BOXというチェーン店のものをいつも買いだめしていたのですが(出張の合間、土砂降りの中を買いに走ったこともあった)、ついにこの夏ストックが切れ…Amazonさんの力をお借りしたのでした。

f:id:chihosawa:20200831093209j:plain

で、わりかし到着! ててーん!

だいたい価格は1500円くらいだったか…

香港のTOAST BOXでは40HK$くらいだったんですけど(日本円で約650円とか?)、倍以上です。でもこちらはシンガポールの名門ラッフルズホテル様のもの。

 

ラッフルズホテルと私の思い出といえば…

ホテル裏手に海南人コミューンがあり、そこに海南チキンライス食べに行くために、ホテルの敷地を近道として通過させていただいた…くらいです!

クラシックホテルってほんと縁がないなあ。なんかカチッとした世界が苦手っていうところ、あります。それゆえにこのラッフルズホテルのカヤジャムも初体験だったのですが…。

ラッフルズホテルのカヤジャム、お味ははたして…?

f:id:chihosawa:20200831093212j:plain

結論:めっっちゃめちゃおいしい。

以上です。

最初開封した時はわりかしサラサラしているのですが、日を追うごとに濃厚なかんじになってきます。余計なものが入ってない、ナチュラル&シンプルな味。

 

f:id:chihosawa:20200831093215j:plain

材料の表示もシンプル極まりない。

ココナッツ汁

砂糖

パンダンリーフ

これしか書いてない! 

いままで食べていたカヤジャムはなんだったんでしょうか…というくらいおいしい。もう2瓶目がなくなりかけておりますが、あと1瓶あります。でも一応ストックが欲しくなってきたので、再びAmazonさんを覗いたんですけどちょっと値上がりしてました。R天さんとかは1500円台で売ってたけど。けっこう価格は変更しますので常にチェックすべし。

 

他のブランドと比較しても、レベル違いのおいしさです。

最近シンガポールの国民的カヤトーストチェーン、Ya Kun(ヤクン)が日本初上陸したみたいですけど、こちらも日本では同じくらいの価格でカヤジャムを販売しているらしい。こちらも食べたことあるけど、同じ価格なら…

うーーん、ごめんなさいラッフルズかな!!!

 

あと最初にふれた麻辣鮮露もAmazon先生はお取り扱い、あります。そしてOptic Whiteは最新版をお友達にお願いして個人輸入できました♪ 現地よりちょっとくらい高くたって、交通費を考えれば全然OK。自分で行って交通費数万、店に行く手間も考えたら全然アリと思っています。

 

というわけで意外と手に入る、海外のお気に入り。

NO海外旅行な日々が続いてますが、「あー出かけたい!」とかでもなく、意外と楽しくやってます。身の回りでやりたかったことを、やっと腰を落ち着けてやれてる感。

それでも香港(またはアジア)の味が恋しくなる時は…ほしいものをネットで検索すると意外と買えたりするんでやってみてください。

あれこれ手を尽くして買うのもまた楽しい!

 

 

 

 

 

 

 

 





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村